僕の知らない鬼畜な叔母  雛菊つばさ

対応デバイス:
※一度の購入で、上記デバイス全ての環境でご利用できます。
発売日: 2018-11-16
配信開始日: 2019-01-26
メーカー: WAAP VR
シリーズ: -
女優: 雛菊つばさ 
監督: -
時間: 0:43:18
評価: 未評価
タグ: 中出し 拘束 巨乳 イラマチオ VR対応作品 

無料登録でサンプル再生

サンプル画像

  • サンプル画像1
  • サンプル画像2
  • サンプル画像3
  • サンプル画像4
  • サンプル画像5
  • サンプル画像6
  • サンプル画像7
  • サンプル画像8
  • サンプル画像9
  • サンプル画像10
  • サンプル画像11
  • サンプル画像12
  • サンプル画像13
  • サンプル画像14

HBOX.JP-VR|VRでバーチャルSEX

作品紹介

今から僕は、遠い昔に体験した事を包み隠さず話そうと思います。
それは、夏休みを利用して親戚の叔母の家に遊びに行った日の事。その日はジメジメしていて、まるで満員電車の中にいるような、うだるほどの暑さでした…。
叔母の家には同い年のつばさがいて、僕は彼女の事が好きで会いに行ったのです。つばさは天真爛漫で心から惹かれていました。
最近離婚したと聞いていた叔母も変わらず優しくて安心しました。でも僕は見てしまったのです…。叔母さんがつばさを尋常じゃないほど叱りつけているところを…。
つばさに直接聞いても口籠るだけで何も言ってくれません。そんな夜、僕はつばさの泣き叫ぶ声で目を覚ましました。
声は叔母さんが「近づかないでね」と言っていた地下室から聞こえているようでした。
僕は恐る恐る地下室のドアを開けると、そこでは優しかったはずの叔母がつばさを凌辱していました。その光景に圧倒されて叔母に見つかっていることに全く気付いていませんでした。
「約束を破ったのね…」冷酷な目をした叔母に導かれて、拘束されているつばさを目の前にした時、気持ちとは裏腹に僕の股間は反応したのです。
そして、それを見透かした叔母が、一緒につばさを凌辱するように指示してきて…。

ピックアップレビュー

未評価
このコンテンツのアフィリエイトコード

最新のレビューVR動画/新着順

評価
投稿者
匿名さん
レビュー
うーん(-_-;)なんかチグハグな作品×思う存分○最後だけだし、唯一のフィニッシュは手コキという距離感も近すぎたり遠すぎたりと、ちょっとね~この女優さんちょい好きなので、おまけで☆2つ評価つけました
レビュー投稿日
2019年02月10日

HBOX.JP公式Twitter