恥辱の風習 捧げられた新妻

対応デバイス:
※一度の購入で、上記デバイス全ての環境でご利用できます。
配信開始日: 2017-02-12
出版社: キルタイムコミュニケーション
シリーズ: -
作者: 天草白 ロッコ 
ページ数: 288ページ
評価: 未評価
タグ: アナル クンニ フェラチオ 中出し 人妻 寝取り・寝取られ 小説 巨乳 調教 輪姦 陵辱 

無料登録でサンプル再生

作品紹介

若妻は田舎に伝わる淫靡な儀式の餌食となる!

二十五歳の新妻・瑞穂は結婚を機に夫の田舎に移住するが、
そこに伝わる裏の風習によって村の男たちの共有財産として
セックス奉仕をさせられることに。

(嫌っ……夫以外の人のを、咥えるなんてっ……!)

毛だらけで好色な隣家の中年男や皺だらけのヒヒ爺村長らに
貞淑な若妻の豊満な肉体は貪られていく!


<登場人物>
●川崎 瑞穂 (かわさき みずほ)
二十五歳の新妻。
短い黒髪とGカップ巨乳が映える、清楚で温和な美人。
結婚を機に夫の田舎である稲盛村に引っ越してきた。

●畑野 彩香 (はたの あやか)
川崎家の隣家の人妻。
切れ長の瞳とグラマラスな体形があいまって妖艶な雰囲気を醸す三十六歳。
数年前に瑞穂と同じく結婚後に稲盛村に引っ越してきた。

●川崎 正一 (かわさき しょういち)
瑞穂の夫。
子供の頃から稲盛村に住んでいた。

●郷田 (ごうだ)
毛深くがっちりした体形の、好色な四十過ぎの男。
川崎家の、畑野家とは逆側の隣に住む。

<目次>
第一章 強いられたフェラチオ奉仕
第二章 過ちの一夜に盗まれた貞操
第三章 宴の席で背徳の3P
第四章 熟妻は淫らな性奴隷
第五章 終わらない輪姦祭り
第六章 夫の前で捧げられた新妻
エピローグ 恥辱の風習

ピックアップレビュー

未評価
このコンテンツのアフィリエイトコード

最新のレビューノベルス/新着順

評価
投稿者
やんちゃ親父
レビュー
コミック誌で読んでノベルを買いましたが、これはかなりエロいです。ヒロイン陵辱の定番、ふたなり責めもあったりとツボを押さえているのでいいですね!
レビュー投稿日
2017年02月14日
評価
投稿者
匿名さん
レビュー
お兄ちゃんが、ひたすら甘やかされます。それと妹の友人が何気に爆弾放り込んできます。「お兄ちゃんとエッチするのは妹として当然なのです」とかね。そんなバカなww最終的にはバカップルにしか見えませんでした(褒め言葉)w
レビュー投稿日
2016年05月03日
評価
投稿者
匿名さん
レビュー
主人公にいまいち共感できなかったせいか、ヒロインは主人公のどこがそんなに良かったんだろうと、最後までモヤモヤしてましたw小説は話としての面白さの方が重要だと思うのです(`・ω・´)
レビュー投稿日
2016年02月10日

HBOX.JP公式Twitter